Matt Cutts に学ぶ WordPress での SEO

WordPress は正解か?

Google 社員の Matt Cutts 氏が、WordPress (ワードプレス) と SEO (サーチエンジン最適化) について語っていた。
話のなかでバンダイナムコゲームスの塊魂が好きなんだというエピソードがあって、あれ?っと思ったらサンフランシスコでの 2009 年の WordCamp の様子が 2013 年に YouTube に公開されたものでした。

48 分と若干長めでしかも古いものではあるけれど、その内容には改めて参考にすべき点があると考えさせられた。
で、WordPress を選ぶことについては、fantastic choice だと冒頭で述べている。WordPress はブログや CMS プラットフォームとしてだけでなくサーチエンジンへの最適化においても揺ぎ無い地位を築いているといえるだろう。

アドセンスにまつわる私のエピソード

私の場合、職業柄もありますが超がつく面倒くさがり屋なので、どちらかというとコンテンツの自動生成などに興味があります。だけど、そういったものではおそらく Google の評価は得られないのでしょう。
実際に、運営していた口コミ情報の自動収集サイトはアボセンスを食らったという痛いペナルティも経験しています。自動生成といってももちろんスパム行為のようなことをやりたいわけではなく、まとめサイト的なものが作りたいと思っていたのですが、口コミをネット上から収集していたのでコピーサイトとみなされてしまったのです。

Mat Cutts に学ぶ

そんなエピソードを思い出したが、じゃぁ、結局どうするのが Google 的に良いのかについても色々語ってくれている。
たとえば、おすすめ WordPress プラグインだとか、パーマリンクの URL に %postname% を利用するメリットなどが参考になった。

「もう知ってるよ」的な話なんだけど、そこに Mat Cutts 氏の理由付けが加わると重みをもった内容になってくる。
実際の人気サイトであったりアフィリエイトで稼げている人は間違いなく、この原則に則っていると思われるのだ。

  1. タイトルに気合を入れる。タイトルが記事内容にそったものになっていれば、URL にキーワードが自ずと含まれる形になり、それはスパムではないから SEO 効果がある。また、example.com/my-keywords のように Google は参照することができるのでサーチエンジン的にもキーワードを判別しやすい。
  2. セキュリティ対策をする wp-admin や wp-contents を保護する

スライドに記載されていた推奨プラグイン5つ

Matt-Cutts_WordPress-Plugins

Matt-Cutts_WordPress-Plugins


Akismet や WP Super Cache はよく聞くけどあとはやや以外かも。

  1. Akismet – スパムコメント対策でデフォルトインストールされているやつですね
  2. Cookies for Comments – へー
  3. Enforce Preference – ほー
  4. FeedBarner FeedSearch - feedbarner まだ生きてたっけ
  5. WP Super Cache – 今は Cloudflare 利用してるのでキャッシュ系は切ってますが有名ですね

情報セキュリティの重要性

「楽しくコンテンツを更新できてオープンソースなもの」がやっぱり好&高評価ということになるか。
セキュリティ・ユーザビリティ・そしてスピードこれが基本になってくるのでこれらのレベルが向上する対策はどんどんやっていったほうがよさそうですね!

WordPress 向けのセキュリティ対策はロリポなど人気のホスティングサービスでは標準提供されていますね。

Matt-Cutts_Security-tip-for-WordPress

Matt-Cutts_Security-tip-for-WordPress

最近の Google の動向にあてはめてみると、HTTPS、レスポンシブデザイン、ページスピードのような感じになるのかな。
ページランクはもはやおまけみたいなものなのですね。

Matt Cutts from Google on WordPress & SEO

Matt Cutts from Google on WordPress & SEO
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク