Google マップと Panoramio (パノラミオ)

自分の場合、スマホやデジカメでの撮影はもっぱら風景などで人物はあまり撮らないからかも知れないが、結局撮りためた写真をあまり有効に使っておらずメモリの肥やしになっている。

最近 Web サイトを構築する中で写真コンテンツを見直す機会が増えてる気がする。
とりあえずやりたいことは、地域の写真など街の雰囲気が伝わるコンテンツがほしい。

しかし、著作権とかいろいろと面倒な側面もある、検索すれば現地の写真は出てくるので見れるのだけど、転載禁止とか、いちいち撮影者にコンタクトしてるわけにもいかないし。。

Google マップの写真が使えないか調べたらやはり転載はできないようだ。
Instagram はどちらかというと人というか、誰かがたべた今日の晩御飯とかプライベートな写真が多い感じがする。一方で、Google マップの写真は場所に関する情報が伝わりやすいものが選ばれており、使えるとよいのになと思った。

ふとGoogle マップの下に”写真は所有者の著作権により保護されています”という文言とならんで、Panoramio のロゴをみつけた。

これ知らなかったのだけど Google が買収したサービスのひとつで、Google アカウントと連携できるようになっています。
Picasa や Google+ もあるけど、やはり用途によってサービスを使いわけたいというニーズはあるのだろう。

Panoramio に写真をアップロードして Google マップへマッピングしておけば、その場所に興味がある人、たとえば不動産物件の下見とか、宿泊するホテル、その他行きかたを確認するためのナビゲーションなど、地図に関する情報を補完、充実させたり、情報を説明するのにたいへん有効かと。

写真を撮って、タグと位置情報を付けて最大で 25MB または 50M ピクセルまでの写真をアップロードできる。インターフェースもシンプルで使いやすそう。
ちょっと使ってみようかなと。

スポンサーリンク