ESXi 5.5 でもカニチップ(Realtek)なNICを使う方法!

楽勝ッス。でも、VMWare のサポート対象外となります。検証用途など自己責任で利用できる環境ならば問題ないかと思います。

ではいってみましょう。とはいっても簡単で、まず、Realtek r8168 ドライバ VIB をダウンロードしてデータストアへアップロードしてください。

ファイル名: VMware_bootbank_net-r8168_8.013.00-3vmw.510.0.0.799733.vib
CRC32: 492B84EA
MD5: A650240B2AE4BFEAB61BAD7DE735E8A3
SHA-1: 96FF4EBC678AE5AB26568D31062E5782C4C5E28E

次に、SSH で ESXi へ接続し以下のコマンドを実行します。
esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/path/to/datastore/VMware_bootbank_net-r8168_8.013.00-3vmw.510.0.0.799733.vib

実行例)

The time and date of this login have been sent to the system logs.

VMware offers supported, powerful system administration tools. Please
see www.vmware.com/go/sysadmintools for details.

The ESXi Shell can be disabled by an administrative user. See the
vSphere Security documentation for more information.
~ # esxcli software vib install -v /vmfs/volumes/share/vmware/vib/VMware_bootbank_net-r8168_8.013.00-3vmw.510.0.0.799733.vib
Installation Result
Message: The update completed successfully, but the system needs to be rebooted for the changes to be effective.
Reboot Required: true
VIBs Installed: VMware_bootbank_net-r8168_8.013.00-3vmw.510.0.0.799733
VIBs Removed:
VIBs Skipped:
~ #

完了したら、ESXi サーバーを再起動します。

以上

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク