Tableau Desktop をインストールしてみた。

親友というかライバルがタブローなる会社に入社するというのです。それで、どんなもんだろうと思ってインストールしてみました。触ってみないと理解できない性質なので。いやぁ、凄い急成長している会社なのですね。

概要

タブローのインストールと「Tableau Desktop 入門トレーニング」の入門を視聴した所感です。
Tableau Desktop v9.39300.16.0606.1812 の Windows 64bit 版の例です。

インストール

MS の C++ ランタイムライブラリや ODBC など DB 接続用のコンポーネントが諸々インストールされる。

Tabeleau Desktop 9.3 [1]

無料トライアルが14日間利用できる

Tabeleau Desktop 9.3 [2]

メールアドレスを入力してダウンロード

Tablearu Desktop [3]

ダウンロードしたTableauDesktop-64bit-9-3-3.exeを実行

Tablearu Desktop [4]

DB 接続用のコンポーネントが諸々インストールされる

Tableau Desktop [5]

起動中のスプラッシュはこんな感じ

Tableau Desktop [6]

試用を開始する

Tableau Desktop [7]

全部入力しないと開始できない模様

Tableau Desktop [8]

登録完了

Tableau Desktop [9]

初期ダッシュボード

私の環境では概ね 5 分程度でインストールが完了した。CPU 2.3GHZ 4コア、メモリ32GB、SSD のような普通のデスクトップ構成です。
14 日間の評価版利用にあたって名前、会社、電子メールアドレス、役職、住所など12項目を入力する必要があるのがやや面倒だが適当に入力し無事起動。
こここまで15分くらいです。

所感

Windows版は 32bit 向けのインストーラもある。ダウンロードしながらチュートリアル動画があったので視聴してみたところ、入門編にしては 33 分と充実。
1本目の23分のやつだけ視聴した。

見栄えのしないエクセルシートからどれだけ有益な情報が得られるか、いろいろごにょごにょやりながら試行錯誤してストーリーを考えることができそうだ。
クセのない日本語インターフェースに操作はドラッグ&ドロップと右クリックで直感的。これは動画のほうが説得力があるので一度視聴してみることをお薦めします。

個人的にはオープンソースのものも含め様々な RDB に接続できるところなど実用性高く有用と思われた。
また、リアルタイム集計 Apache Spark みたいなことができるのだろうか。利用できるデータソース数に応じて価格が異なる料金設定になっているようだ。

今日はここまで。明日 MariaDB のデータベースに接続してみようと思います。

[amazonjs asin=”4844380877″ locale=”JP” title=”できる100の新法則 Tableau ビジュアルWeb分析 データを収益に変えるマーケターの武器”]

スポンサーリンク