Vagrant で即効 Catalyst 開発環境

なんだかんだで開発環境の構築に時間がかかったりする Catalyst ですが最近はこんなに楽になった。HashiCorp の chef でのデプロイは URL が変わってできなくなってるので、bento に変更する必要があります。

具体的には、https://atlas.hashicorp.com/chef が https://atlas.hashicorp.com/bento/ に変更になっています。そのため、vagrant init chef/hoge のようなコマンドは、vagrant init bento/hoge とする必要があるということになります。

VirtualBox と Vagrant のインストールは省略しますので適時インストールしておいてください。VirtualBox は現時点では、5.0.2 だと起動しない box があるので 4系の最新版をおすすめします。

開発環境

OSX 10.10 Yosemite
VirtualBox Version 4.3.30
Vagrant Version 1.7.4
bento – Ubuntu 14.04

Vagrant で Ubuntu 14.04 を起動

$ mkdir myapp
$ cd myapp
$ vagrant init bento/ubuntu-14.04
$ vi Vagrantfile

こんな感じで、config.vm.network のコメントを外しておきます。

 27   # Create a private network, which allows host-only access to the machine
 28   # using a specific IP.
 29   config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
 30

あとは vagrant up して、vagrant ssh で接続すれば準備完了です。

$ vagrant up
$ vagrant ssh
Welcome to Ubuntu 14.04.3 LTS (GNU/Linux 3.19.0-25-generic x86_64)
 
 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/
Last login: Sat Aug 29 16:26:01 2015 from 10.0.2.2
[email protected]:~$

Catalyst のインストール


[email protected]:~$ sudo apt-get install libcatalyst-devel-perl libcatalyst-modules-perl
[email protected]:~$ catalyst.pl myapp
[email protected]:~$ perl myapp/script/sitescan_server.pl -r

ブラウザで、http://192.168.33.10:3000/ を表示すると動作確認できると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク