openfiler の load average が高い (3) – PRUNEPATHS

前回までで、updatedb.conf に除外したいパスを設定することで負荷が軽減できそうであるということがわかった。ではどこに、どのように追記するのが良いか? manpage によると PRUNEPATHS に空白スペース区切りで除外したいパスを指定できるとのこと。

  • 編集前

      DAILY_UPDATE=yes
      PRUNEFS="selinuxfs usbdevfs NFS nfs afs sfs smbfs cifs autofs auto iso9660 udf"
      PRUNEPATHS="/sys /tmp /usr/tmp /var/spool/cups /var/spool/squid /var/tmp /afs /net /sfs /selinux /udev /media"
  • 編集後

      DAILY_UPDATE=yes
      PRUNEFS="selinuxfs usbdevfs NFS nfs afs sfs smbfs cifs autofs auto iso9660 udf"
      PRUNEPATHS="/sys /tmp /usr/tmp /var/spool/cups /var/spool/squid /var/tmp /afs /net /sfs /selinux /udev /media /mnt/data/neoflow.jp"
  • クラスタノードへのコピー

      [[email protected] ~]# scp /etc/updatedb.conf tk-oha-fs2:/etc/updatedb.conf
      Enter passphrase for key '/root/.ssh/id_dsa':
      updatedb.conf 100% 247 0.2KB/s 00:00
      [[email protected] ~]#
  • さて、効果は如何に。。

    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする

    スポンサーリンク