Eclipse の Egit で bitbucket や github からプロジェクトを作成する方法 (2)

前回から引き続き、Git Bash での作業をすすめます。
.bashrc を作成し、start_agent{} という関数を作成します。

これをやっておくメリットは、コミットのたびに HTTPS を利用した場合と違ってパスワードを入力する必要がないことです。わざわざ Git for Windows をインストールして SSH を利用するのですからやっておきましょう。

・Git Bash を起動し、.bashrc の中に下記シェルスクリプトをコピペするだけです。
コピーするのは、SSH_ENV=$HOME/.ssh/environment の行から fi までで OK です。

Welcome to Git (version 1.9.2-preview20140411)


Run 'git help git' to display the help index.
Run 'git help ' to display help for specific commands.

[email protected] ~
$ vi .bashrc

[email protected] ~
$ cat .bashrc
SSH_ENV=$HOME/.ssh/environment

# start the ssh-agent
function start_agent {
        echo "Initializing new SSH agent..."
        # spawn ssh-agent
        /usr/bin/ssh-agent | sed 's/^echo/#echo/' > "${SSH_ENV}"
        echo succeeded
        chmod 600 "${SSH_ENV}"
        . "${SSH_ENV}" > /dev/null
        /usr/bin/ssh-add
}

if [ -f "${SSH_ENV}" ]; then
        . "${SSH_ENV}" > /dev/null
        ps -ef | grep ${SSH_AGENT_PID} | grep ssh-agent$ > /dev/null || {
                start_agent;
        }
else
        start_agent;
fi

[email protected] ~
$

それでは続きはまた次回

スポンサーリンク