Windows で route add 再起動後も保持したい場合は -p を付与する

スタティックルートの登録を行うため管理者としてコマンドプロンプトを起動しておきます。

事前確認

route print でルーティングを追加したいNICのIF番号を確認

C:\Windows\system32>route print
===========================================================================
インターフェイス一覧
 31...00 1b dc xx xx xx ......Bluetooth デバイス (パーソナル エリア ネットワーク) #4
 26...00 d0 b7 xx xx xx ......HP NetServer 10/100TX PCI LAN Adapter
 10...90 fb a6 xx xx xx ......Atheros AR8131 PCI-E Gigabit Ethernet Controller (NDIS 6.20)
 39...00 50 56 xx xx xx ......VMware Virtual Ethernet Adapter for VMnet8
  1...........................Software Loopback Interface 1
 38...00 00 00 00 00 00 00 e0 Microsoft ISATAP Adapter
 32...00 00 00 00 00 00 00 e0 Microsoft ISATAP Adapter #3
 33...00 00 00 00 00 00 00 e0 Microsoft ISATAP Adapter #4
 34...00 00 00 00 00 00 00 e0 Microsoft ISATAP Adapter #5
 18...00 00 00 00 00 00 00 e0 Teredo Tunneling Pseudo-Interface
===========================================================================
 
~(略)~

お試しでルーティング追加

C:\Windows\system32>route add 172.16.1.0 mask 255.255.255.0 10.1.1.254 if 26
 OK!

対象のネットワークに ping が通るか確認してみる

C:\Windows\system32>ping 172.16.1.201
 
172.16.1.201 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
172.16.1.201 からの応答: バイト数 =32 時間 =11ms TTL=63
172.16.1.201 からの応答: バイト数 =32 時間 =11ms TTL=63
172.16.1.201 からの応答: バイト数 =32 時間 =14ms TTL=63
172.16.1.201 からの応答: バイト数 =32 時間 =22ms TTL=63
 
172.16.1.201 の ping 統計:
    パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、
ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):
    最小 = 11ms、最大 = 22ms、平均 = 14ms

スタティックルートの追加

問題なければ -p を追加して登録

C:\Windows\system32>route add -p 172.16.1.0 mask 255.255.255.0 10.1.1.254 if 26
 OK!

登録完了後、netstat -nr や route print コマンドで「固定ルート」という項目に入力したスタティックルートが登録されていればOKです。

C:\Windows\system32>netstat -nr
~(略)~
===========================================================================
固定ルート:
  ネットワーク アドレス          ネットマスク  ゲートウェイ アドレス  メトリック
       172.16.1.0    255.255.255.0       10.1.1.254       1
===========================================================================
~(略)~
 
C:\Windows\system32>route print
~(略)~
===========================================================================
固定ルート:
  ネットワーク アドレス          ネットマスク  ゲートウェイ アドレス  メトリック
       172.16.1.0    255.255.255.0       10.1.1.254       1
===========================================================================

補足事項

詳しい使い方は route add とだけ入力するとヘルプが表示されます。

C:\Windows\system32>route add
 
ネットワーク ルーティング テーブルを操作します。
 
ROUTE [-f] [-p] [-4|-6] command [destination]
      [MASK netmask]  [gateway] [METRIC metric]  [IF interface]
 
  -f           ルーティング テーブルにあるゲートウェイのエントリをすべてクリア
               します。 このオプションをコマンドと併用した場合、コマンドを実行
               する前にテーブルがクリアされます。
 
  -p           ADD コマンドと併用された場合、システムの再起動後もルートは維持さ
               れます。 既定では、システムが再起動された場合、ルートは維持され
               ません。適切な固定ルートを決定する他のコマンドでは、オプションは
               無視されます。オプションは Windows 95 ではサポートされません。
 
  -4           IPv4 の使用を強制します。
 
  -6           IPv6 の使用を強制します。
 
  command      次のいずれかです:
                 PRINT     ルートを印刷します。
                 ADD       ルートを追加します。
                 DELETE    ルートを削除します。
                 CHANGE    既存のルートを変更します。
  destination  ホストを指定します。
  MASK         次のパラメーターが 'netmask' の値であることを指定します。
  netmask      このルート エントリのサブネット マスクの値を指定します。
               指定されない場合、既定値は 255.255.255.255 です。
  gateway      ゲートウェイを指定します。
  interface    指定されたルートのインターフェイス番号です。
  METRIC       宛先のコストなどのメトリックを指定します。
 
宛先の指定に使われたシンボリック名はすべてネットワーク データベース ファイル
NETWORKS で参照されます。 ゲートウェイのシンボリック名は、ホスト名データベース
ファイル HOSTS で参照されます。
 
コマンドが PRINT または DELETE の場合、 destination または gateway にはワイル
ド カード ('*' で指定) を使用できます。gateway の引数は省略できます。
 
destination に含まれる * または ? はシェルのパターンとして認識され、一致する宛
先ルートのみが印刷されます。 '*' は任意の文字列に、'?' は 1 文字の文字に一致しま
す。例: 157.*.1, 157.*, 127.*, *224*.
 
パターン マッチは PRINT コマンドでのみ許可されます。
診断情報:
    (DEST & MASK) != DEST の場合、MASK が無効なときにエラーが発生します。
    例> route ADD 157.0.0.0 MASK 155.0.0.0 157.55.80.1 IF 1
             ルートを追加できませんでした: 指定したマスク パラメーターは無効です。(Destination & Mask) != Destination です。
 
例:
 
    > route PRINT
    > route PRINT -4
    > route PRINT -6
    > route PRINT 157*          .... 157* に一致するルートのみが出力されます
 
    > route ADD 157.0.0.0 MASK 255.0.0.0  157.55.80.1 METRIC 3 IF 2
             宛先^      ^ã  スク      ^ã  ートウェイ     メトリック^    ^
                                                         インターフェイス^
      IF を指定しないと、指定したゲートウェイに最適なインターフェイスが
      検索されます。
    > route ADD 3ffe::/32 3ffe::1
 
    > route CHANGE 157.0.0.0 MASK 255.0.0.0 157.55.80.5 METRIC 2 IF 2
 
      CHANGE はゲートウェイとメトリックの変更にのみ使用します。
 
    > route DELETE 157.0.0.0
    > route DELETE 3ffe::/32
スポンサーリンク