大腸内視鏡検査を受けてきた話

概要

ある日、排便時に違和感がありました。トイレットペーパーを確認すると、、そこには、、血が!綺麗な赤色をした血がついていたのです。男だし生理なわけないし、そういえば、数年前の健康診断で血便+だったし。。これはどうしたものか。医者に行けば指をつっこまれるのだろうかとか色々想像してしまい億劫になっていたのですが、大腸がんであれば早く見つけておかないといけないし、9月末に医者に行きました。そして、年齢的にもちょうどよい機会だし、大腸内視鏡検査受けてみますかというご提案をいただいて、初めて内視鏡検査を受けることにしました。同じような症状の方がいて何かの役に立つかもしれないので記録を残しておきますのでご参考になさってください。自分もネットでいろいろ調べましたが、自分で決めつけずに、恥ずかしがらずに検査をうけてみることをおすすめします。

診察や検査実施前に気になっていた点

意外に気にするものです。自分の体の中に何か入れたりするのは抵抗があるのが普通だと思います。私の場合は以下のような結構くだらないことも含めて考えていました。

  • 指つっこまれるのか
  • 痛いのか
  • 内視鏡ってどのくらいの太さなのか
  • つっこまれるまえにクリームとか塗ってくれるのか
  • 麻酔するのか
  • 飯食えるのか、切った場合、排便とか支障はないのか
  • 変な医者にあたらないか
  • 保険はきくのか、金はいくらくらいかかるのか

etc

消化器内科を受診

下剤を飲んだり鎮静剤うったりするので運転せずにいける場所にある地元の病院にいくことをおすすめします。泌尿器科とかかとおもっていたのですが、消化器内科になるようです。診察時には指をつっこまれたりすることはなく、血液検査と症状について確認があったくらいです。内視鏡検査を提案いただいたので受けることにして、それまでの過ごし方と食事制限があることなどの説明を受けました。予約票の医師欄をチェックすると、「CF 他医師」と記載があります。CFってなんだよ、AI 医師とかだとやだななどと考えて調べたところ、大腸ファイバー( colon fiberscope ) のことを略して CF としているようで一安心。

やったこと

  • 血液検査
  • 問診

もらったもの

  • 資料「制限食のご案内」
  • 大腸内視鏡検査、ポリープ切除術説明書・承諾書
  • 予約票『大腸内視鏡検査』
  • CF検査食(デリシア)
  • ムーベン配合内用液 500ml x 1ボトル
  • プルゼニド錠 12mg x 4錠
  • ガスコン錠 80mg x 3錠

費用

4,880円 (自己負担30%)

検査3日前

なるべく消化の良いとされる食べ物を食べるようにしました。経験者から、コンニャクは消化悪く腸にのこっていたのでさらに下剤を飲む必要があった、と聞いていたので避けた方がいいと思います。制限食の資料を渡されていたので確認。具なしばかりだったので、おにぎりを普通に食べることにしました。ざっと以下のような感じです。

朝食例(消化の良い食事)

  • 食パン(具なし)
  • ポタージュスープ(具なし)
  • バナナ
  • プレーンヨーグルト

昼食例(消化の良い食事)

  • うどん(具なし)
  • 卵焼き(具なし)

夕食例(消化の良い食事)

  • 雑炊(卵・ささみは可)
  • 味噌汁(具なし)
  • 焼き魚(皮なし)
  • 豆腐(薬味なし)

その他食事例(消化の良い食事)

  • おにぎり(梅・鮭)
  • 目玉焼き
  • スープ(具なし)
  • シチュー(赤身肉)
  • 茶碗蒸し(具なし)
  • ポテトサラダ(具なし)
  • 蒸しパン(具なし)
  • プリン
  • りんご(皮・種なし)
  • クラッカー・クッキー(具なし)
  • キャラメル(具なし)
  • ゼリー(具なし)
  • そぼろ煮(大根入り)

消化の悪い食事

  • 種があるもの

イチゴ、キウイ、スイカ、トマト、ジャム等

  • 食物繊維の多いもの

えのき、しめじ、エリンギ、椎茸、菜っ葉類、豆類、わかめ、こんぶ、ひじき、もずく、ごぼう、ねぎ、とうもろこし、いか、たこ、海老、貝類、もやし、さつまいも等

  • その他

魚の皮、日本そば、ごま、干しブドウ、こんにゃく、天ぷらなど

検査前日

一日をとおして、水分(水・お茶・スポーツドリンクのみ)をとる必要があります。朝食は食べませんでした。CF 検査食デリシアは普通においしいですが、何度も食べたいと思うようなものでもありません。電子レンジか湯せんで暖めるだけなので簡単です。

昼食

昼食はこんな感じです。レトルトカレーのようなパッケージに入っています。

夕食

夕食はこんな感じです。同様にレトルトカレーのようなパッケージに入っていて夕食は2袋あります。

就寝前

プルゼニドという下剤を4錠飲みました。特に何も感じず。

検査当日

6 時間前からムーベンを飲み始めます。私の場合は 13 時 30 分から検査だったので朝の 7 時 30 分からだいたい記載どおりに飲み、全量のみました。2 リットルくらいです。1 リットル飲んだあたりから排便が始まり、味は少し苦味のあるスポーツドリンクのような感じです。ムーベンを飲んで「吐き気、嘔吐、じんましん、腹痛、顔面蒼白」などの症状がでたら病院に連絡したほうがいいようです。私の場合はやや腹痛になりましたがそのまま飲み続けました。

ムーベンの飲み方

  1. 1 杯ごとに付属のコップの、下の赤い線までムーベン原液を入れる。
  2. 付属のコップの、上の青い線まで水を入れる。
  3. 3 杯までは 15 分間隔でゆっくり飲む
  4. 4 杯目以降は 10 分間隔で飲む。

6 杯目と同時にガスコンを 3 錠のみます。

大腸内視鏡検査

おしり部分に穴の開いたパンツをはいて上は肌着のうえから検査着に着替えます。注射をして、たぶん麻酔はなしで実施しましたが「痛たた」くらいで騒ぐほどの激痛ではありませんでした。内視鏡を入れる前にジェルみたいなのを塗ってくれます。自分は左下腹部のところが痛くなったので押さえて空気を入れてました。たぶん腸のカーブのところだと思います。あとはなんだかよくわからないですがちゃんと腸のおくまで入って確認することができました。検査はだいたい 20 分くらいだったと思います。モニターは見えない位置だったので目はつぶっていましたので内視鏡の太さはよくわからなかったですが、肛門が切れるようなこともなくかなり細いと思います。検査が終わるととにかく喉が渇いたのと、おなかが膨らんだ感じがしてトイレに一回いっておならを出しました。

診療明細書をあとから確認したところ、注射の内容は以下のようなものです。

  • 生理食塩液 100ml
  • ブスコパン注 20mg 2% 1mL
  • ペチジン塩酸塩注射液 3.5% 1mL
  • ナロキソン塩酸塩静注 0.2mg「第一三共」1mL

おしりに塗られたジェルはこれかな。

  • キシロカインゼリー2% 5ml

費用

6,370円 (自己負担30%)

検査結果

大腸は問題ありませんでした。画像も見せてもらい自分の大腸内を始めて見ました。少し便かすが残っているところもあったのでもっと水飲んでおけばよかったかなというのが反省点です。画像は解像度も高く、自分の大腸は案外きれいなものでした。新鮮なホルモンというか。。そして、出血原因はただの”いぼ痔”でした。。。先生曰く、市販のでも治るけど投薬だしておく?という感じで座薬を処方してもらうことにしました。
ポリープが見つかった場合は、内視鏡の先にわっかを作って患部を締めてから高圧電流を流して焼き切るという方法のため、ようは「かさぶた状態」になるので術後も食事や排便ができるようです。だから、内視鏡で治療できる軽度のうちにはやく検査を受けて治してしまうに越したことはないと思います。

処方箋の受け取り

処方されたのは、ネリプロクト坐薬というもので突っ込むやつですね。。坐薬はぎっくり腰のときに 1 回だけ使ったことがありますがなんだか気持ちのいいものではないので悩ましいですが、これで様子を見たいと思います。大事でなかっただけでも感謝しなくてはいけませんよね。ありがとうございます。

地元の多摩センター駅周辺にも薬局はたくさんあるのですがここアイセイ薬局さんには水槽があって落ち着いた雰囲気なので気に入っていつもここにきています。といっても年に数回あるかないかくらいですが。

費用

900円 (自己負担30%)

総括

費用は合計で 12,150 円でした。週末でできるので不安なかたは一度検査してみるとよいと思います。以上、内視鏡検査体験レポでした。

スポンサーリンク