Google Apps 利用ドメインの MX レコードを Gogle Apps Toolbox の Check MX でチェックする方法

事象

一部からメール不達となっている旨の連絡を受ける。図書館やクレジットカード会社からのものでスパムメールではない。Googleでホストされているメールがそうそう不達になることも考えにくいのであるが、念のため MX レコードを確認したところ間違ってはいなかったが「このドメインでいくつかの重大ではない問題が検出されました。」とのメッセージが表示された。

原因

個人メールは Gmail ( Google Apps / Google Apps for your domain ) を長年利用しているが、MX レコードの優先値が以前と変更となったため。
Check MX ツールで自ドメインの MX レコードの正常性を確認する。googlemail.com というドメインもまだ利用できそうではあるが、推奨のレコードに統一しておいたほうが良さそうです。

対処

私の場合必要となった対処は以下の通り。Googleのヘルプはよくできており手順を追っていけばひとつひとつ解決できるだろう。

1. MX レコードを推奨値に変更する
Check MX ツールにアクセスして利用ドメイン名を入力。推奨される MX レコードに変更する。
https://toolbox.googleapps.com/apps/checkmx/check?domain=your_domain.com のように直接アクセスしても良い。

2. DKIM キーを生成する
TXT レコード名、google._domainkey.your_domain.com をドメインキーの作成手順従って管理コンソールから設定する。キーは自動生成してくれる。
既に作成している人も 2048 bit で再生成しておくことをおすすめします。画像のように、ステータス:のところでメールを認証にチェックマークがついていれば OK です。環境によっては TXT レコードが反映されるまで時間がかかる場合がありますが、CloudFlare の DNS だと即反映されました。

DKIM(google._domainkey)

DKIM(google._domainkey)


参考:DKIM(DomainKeys Identified Mail)規格

3. DMARC レコードを追加する
TXTレコード名、_dmarc.your_domain.com を DMARC レコードの追加手順に従って管理コンソールから設定する。ひとまず初回はすべて監視のみとしておき、数日ごとに拒否する割合を増やしてくことが推奨されている。以下のようなレコードが初回に利用するものになるだろう。

"v=DMARC1; p=none; rua=mailto:[email protected]_domain.com"

DMARC(_dmarc)

DMARC(_dmarc)


参考:DMARC の概要

確認

最後に再度 Check MX で確認を行い、以下のように表示されていれば OK です。

Check MX(OK)

Check MX(OK)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク