Anoncoin(ANC) ウォレットのインストールと初回起動 Linux 環境

利用ディストリビューションは Lubuntu 16.04 LTS です。Ubuntu 16.04 や Debian 8 ユーザの方もコピペで利用できると思います。最近主要メンバーの開発者が他のプロジェクトから戻ってきてウェブサイトのリニューアルも進んでいる様子。今後開発が進めば、2013年スタートの老舗コイン、爆騰するかもしれません。(しないかもしれません。)取引可能な Nova という草コイン取引所が攻撃にあい管理者が放棄したようで閉鎖されるようなのでとりあえず掘るか、マイナーな取引所でビットコイン建てで購入するくらいしかなさそうです。

ウォレットのダウンロードとインストール

まずこれをやらないと始まらないのでぼちぼちやります。

aptリポジトリを更新し最新状態にする

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade

必要となるパッケージをインストール

$ sudo apt-get install g++ git automake
$ sudo apt-get install libboost-all-dev  git libdb++-dev libssl-dev pkg-config

git リポジトリをクローン

$ cd
$ git clone https://github.com/Anoncoin/anoncoin.git

取得した最新ソースコードでコンパイル開始

boost など関連ツールがインストールされます

$ cd anoncoin/
$ ./autogen.sh
$ cd depends/
$ make -j `nproc`

コンパイルで指定するアーキテクチャの確認

関連ツールのコンパイルが完了したら次はいよいよ本体をコンパイルします。利用するアーキテクチャを確認しておきます。以下の例では x86_64-unknown-linux-gnu が確認したい箇所です。

$ dir
Makefile	 builders	 config.sub  patches
README		 built		 funcs.mk    sources
README.packages  config.guess	 hosts	     work
README.usage	 config.site.in  packages    x86_64-unknown-linux-gnu

本体のコンパイルとインストール

上記で確認したアーキテクチャを指定してコンパイルします。make install までユーザ権限で完了できます。最後に anoncoin-qtc を /usr/local/bin などにコピーしてパスを通しておきます。

$ cd ..
$ ./configure --prefix=`pwd`/depends/x86_64-unknown-linux-gnu
$ make -j `nproc`
$ make install
$ cd src/qt
$ sudo cp anoncoin-qtc /usr/local/bin/

ビルドされた実行バイナリ群

  • /home/user/anoncoin/depends/x86_64-unknown-linux-gnu/bin/anoncoind
  • /home/user/anoncoin/depends/x86_64-unknown-linux-gnu/bin/anoncoin-cli
  • /home/user/anoncoin/depends/x86_64-unknown-linux-gnu/bin/anoncoin-tx
  • /home/user/anoncoin/depends/x86_64-unknown-linux-gnu/bin/test_anoncoin
  • /home/user/anoncoin/depends/x86_64-unknown-linux-gnu/bin/anoncoin-qtc
  • /home/user/anoncoin/depends/x86_64-unknown-linux-gnu/bin/anoncoin-qtt

初回起動までの設定

ディレクトリを作成と anoncoin.conf の準備

$ mkdir ~/.anoncoin
$ cp doc/anoncoin.conf.sample ~/.anoncoin/anoncoin.conf
$ vi ~/.anoncoin/anoncoin.conf

anoncoin.conf の編集

行頭は行番号です編集箇所の参考にしてください。
rpcuser と rpcpassword を適当に変更しておきます。
onlynet=i2p をコメントします。(通常のインターネット接続を利用する場合)
i2p.options を enabled=0 にします。(通常のインターネット接続を利用する場合)

     16 rpcuser=************USER***************                     #Change it! (no need to remember)
     17 rpcpassword=**************SECRETPASS*********               #Change it! (no need to remember)
     ...

     35 onlynet=i2p       # I2P-only enabled!
     ...

     131 [i2p.options]
     132 enabled=1             # always enable to use I2P
     ...

動作確認

clearnet でとりあえず動作確認をしておきます。

$ ~/anoncoin/src/anoncoind
RegTest Genesis Hash: 0x00000e2c46999d338d3cd202465fff19cf781a956ab8ba6ce56be3ed4540567a, nBits: 0x1e0ffff0, bnLimt: 0x1f0fffff 
Anoncoin server starting
$ : Anoncoin is running on clearnet!

$ ~/anoncoin/src/anoncoin-cli getinfo
{
    "version" : 90613,
    "protocolversion" : 70012,
    "walletversion" : 60000,
    "balance" : 0.00000000,
    "blocks" : 800,
    "timeoffset" : 0,
    "connections" : 3,
    "proxy" : "",
    "difficulty" : 1.00000000,
    "testnet" : false,
    "keypoololdest" : 1511791446,
    "keypoolsize" : 101,
    "paytxfee" : 0.00000000,
    "relayfee" : 0.00001000,
    "errors" : "This is a HARDFORK build for block 585555"
}
$ ~/anoncoin/src/anoncoin-cli getchaintips
[
    {
        "height" : 58000,
        "hash" : "000000015eec233d4dc821507789a5945f1f837b647d48a5d17c8e8d7246fc51",
        "shad" : "6eb602621c5ad1d5c9d16de803ebafcc91d824da62bc49bce56bd15066954c68",
        "branchlen" : 56496,
        "status" : "headers-only"
    },
    {
        "height" : 1504,
        "hash" : "00000b4fa4a3b4d953bfcbf52080b52d4de54e9fe1a1d8851acd76a024b99ca5",
        "shad" : "5ce2d6155f44e680ff56aa9eddceaa098cdb73ced9afd059c336aff3448ff874",
        "branchlen" : 0,
        "status" : "active"
    }
]

参考サイト

– How to build Anoncoin from source — https://anoncoin.net/How_to_build_Anoncoin_from_source/

スポンサーリンク